忍者ブログ
ツイッターパーツ
t
 片田舎無鉄砲医学生6年、さーの日記とか載ってます。
 弓がーる四段
 2013.4.13 6年生…だと…!?    click please!→
 にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
[375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもこんばんちわ海際から帰ってきました。
氷の轍に車輪とられてポールに激突しかけたぜ! こえぇ!

そして新年早々いろいろ重めなテーマの本しか用意してないぜ!
ってなわけで3ヶ月ぶりくらいにちゃんと本読んでる。
まぁ勉強する気になんないって理由だけど。いってみよー。

城北病院 & 城北診療所←紹介ページ




画像見りゃわかるんですが、著者が"テレビ金沢"って。
要するにテレビ番組を文章として書き起こしたってことみたいです。
File.1〜6までのそれぞれの患者さんと病院のふれあいを中心に
割と軽めに話が進んでいきます。
…ま、バスん中でぐすぐすしながら読んでたけどな!

この城北病院の特徴は、末期の患者さんを受け入れているということ。
あと、その患者さんに"お出かけ"を認めていること。
そんでこの"お出かけ"っていうのが、
生きているうちに行きたいところに連れて行ってあげる病院のサービス。
いくらお金がかかっても、特別な料金はもらうことなく、
希望さえあれば、家に帰ること、旧友に会いにいくことや、友人の墓参り、
さらにはカラオケボックスを持ち込んだり、お寿司屋さんが病院に来たり、
極めつけには、パチンコをさせてくれる。
もちろん酸素呼吸器を運び込んだり、点滴を連れて行ったり
薬の管理をしながらなので
看護士さんや介護士さん、時にはドクターまでついていくそうだ。
この試み、ずいぶん昔からあったらしいのですが
(どっかに書いてあったけど今見つけらんなかった…)
今、312床を抱えるほどに大きくなっても
差額ベッドもとらず、希望すれば1年以上も入院する終末期の患者さんもいるらしい。
差額どころか、ゴザを敷いてふとんのお部屋になっていて、
しかもそこに2年弱入っている患者さんのお話もあった。

実際、もちろん都合を合わせて患者さんをいろいろなところに連れ出すのも大変なのだが、
忙しい時間帯に看護士さんや医師が数人抜けてしまうことの方が
病院の経営としては大変らしい。
それでも、余命を告げられたにもかかわらず
お酒をちょっと飲んだり、おいしいごはんを食べたり、パチンコをうつことで
ちょっとでも幸せそうになって、いい最後を迎えることができる人が増えるのならばと
病院ではこの取り組みを続けているそうです。

個人的には、最後のALSのお母さんの話が印象的。
突然余命1年と言われ、自宅療養に。
さんざん暴れ、うまく世話のできない身内をなじっていたが、
そのうち夫に「海に行きたい」と言い出したかと思ったら
海岸で弱った筋力とは思えぬ力でアクセルを奪い、心中未遂。
泣きながら駆け込んだ城北病院で、
不治の病、診療報酬も見込めないのに受け入れてもらい、
そこからは看病に徹する毎日。
しばらく置いてもらうが、ある日筋力の限界がきて呼吸停止。
もともと、話し合いでは延命はしないということだったが、
ぎりぎりの状態で娘さんは、人工呼吸器をつけてくれと一言。
おかげで、"お出かけ"にてなんとか娘さんの結婚式に出席できるという話。
みっともない姿になってまで行きたくない、という人
その看病に疲れ果てて、早く楽になりたい、と思っている人でも
実際のところ、なにかしたい!という気持ちがあるとないとでは
延命する意味が変わってくる…という。

私の両親も、延命はするな、管人間にはなりたくないと言ってはいるものの、
突然そういう状態になったら私はどうするんだろう…
せめて医者になった姿は見てほしいかも。なんてね。

うひゃー。もうちょい読書頑張る!


医学生ブログランキングご協力感謝いたします(´-ω-`))ペコリ

blogram投票ボタン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
収益をどうやって出しているのか気になるところだなぁ.連れ出す経費に比べたら,病院内に色々なものを持ち込んだ方が,経費は低く済むとは思うが...
難病指定なら,医療費は全額補助が出るかもしれないが,寿司屋を読んできたりするお金は医療費にはならないし...
寿司屋とかパチンコ屋のボランティアなのかなぁ.

あー,リンクの件よろしくお願いします.こっちからもはらせていただいてよろしいですか?
KEN URL 2010/01/03(Sun)23:14:04 編集
お返事→KENさん
本曰く、市民の出資で建てた病院なので
民意の無駄チェックが厳しかったり、
医者が自分たちのお茶菓子代を出したり
なんとか捻出しているという印象でしたが…
まぁ、こんな病院もありますよくらいで
いいような気もします。

あわわ、すいません。
実家ですとなかなかパソコンに向かう時間が作りにくくて…
リンク、どうぞよろしくお願いいたします!
さー 2010/01/04(Mon)22:18:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
さー
性別:
女性
職業:
医学生兼自宅警備員
自己紹介:

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

にほんブログ村


さーと申します。
片田舎の医学生です。
5年生とか、
試験の受け方を忘れそう
ポリクリ残るは
外科うろぎねあたり。


ちょっと詳しい自己紹介。


このブログを通してたくさんの方から励ましていただいたり、ご意見いただいたり、人の輪が広がったり、とても楽しくてためになっております。
読んだついでに投票やコメント下さるとジャンピング土下座いたします。

ブログランキング参加中。
クリックいただけたら喜びます。




カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ついった
ブログ内検索
ぐーばー
忍者ブログ [PR]