忍者ブログ
ツイッターパーツ
t
 片田舎無鉄砲医学生6年、さーの日記とか載ってます。
 弓がーる四段
 2013.4.13 6年生…だと…!?    click please!→
 にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無事療養して元気元気な筆者です。
毎日お絵描きですがまぁ周りの方よりは楽しんでます。
今日は一回目のスケッチが帰ってきたのですが…
なんか核とか細胞質とか書かなきゃならないやつ
1枚ぜんぶぶっ飛ばしちゃいました…
そのわりには普通の評価だったので
まぁいいのかなぁと思いつつ。
頑張ります。

あとは友達とちょこまかおやつ食べたり。
身体測定があってなんか身長のびてたり。
でもなんだかスケッチって自分の殻に閉じこもるので
どうしても昔の嫌なこととかいろいろ思い出しちゃいます。
前までは弓道がこう自分と対峙するというか…
そういう役目だったんですけれど
ぶっちゃけ今おちゃらけちゃってたりするので
こういうの久しぶりでちょっとへこみそうになりました…
でも、こういう振り返り、たまには必要かも。
とにかく今は課題を乗り切るのです。

話は変わって水曜日の原論のお話。
このあいだも記事に書きましたが、とりあえず
倫理的な問題をみんなで考えるみたいな授業です。
必要ですよね。今の時代。
んでもって、私のグループは
「早産で、脳出血があって、治っても重い障害が残りそうな赤ちゃんが
 緊急の手術を要する状態にある。父親は手術を拒否、母親は泣いてばかりで
 なにも話せない状態。医者であるあなたはどうしますか?」
という課題を話し合いました。
実際問題、かなりの早産を扱うのであれば
でっかい大学病院のお偉い先生なんでしょうから
こんなことに口を出す暇があるのかどうか…
というのはおいといて。
とりあえずみんな説得すると言うことにはなりましたが、
障害が残った場合その保証をどうするかとかが論点になったりしました。
一応自分の妹のことは言ってみたものの
特に話題を持って行くことはできず…
まぁ、そうなんですけどね。
医者になったら、裁判とか訴訟とか嫌だと思うし、
そうしたら障害を持った子を増やさないように努力するのが
医者らしいのかもしれないけれど…
実際どうなの? とか、そういうこと聞いてくれる人をちょっと期待してましたが。
自分から話せばいいんですけどね、なんかそれもできず。
まぁここでこんな吐き出しと言うことで。


明日はついに解剖させていただくご献体にご対面する日です。
…たぶんそのはずです。
倫理的にいい医者になりたいとは思っておりますが
このときばかりはやっぱり心の局所麻酔を図ります。
いつか覚めます。きっと。
とにかく、乗り切らないことには何もできないでしょうから…
頑張るお(`・ω・')



医学生ブログランキングご協力感謝いたします(´-ω-`))ペコリ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
さー
性別:
女性
職業:
医学生兼自宅警備員
自己紹介:

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ

にほんブログ村


さーと申します。
片田舎の医学生です。
5年生とか、
試験の受け方を忘れそう
ポリクリ残るは
外科うろぎねあたり。


ちょっと詳しい自己紹介。


このブログを通してたくさんの方から励ましていただいたり、ご意見いただいたり、人の輪が広がったり、とても楽しくてためになっております。
読んだついでに投票やコメント下さるとジャンピング土下座いたします。

ブログランキング参加中。
クリックいただけたら喜びます。




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ついった
ブログ内検索
ぐーばー
忍者ブログ [PR]